« 4月21日 やまとプロムナード古民具骨董市 | トップページ | プレゼント企画です »

2007年4月29日 (日)

ヘソのあるコンパクト

070429_4 今月の初めに、骨董市仲間から突然メールをいただいた。

「今、骨董市に来てるんだけど、欲しいコンパクトあるー?」

 そしてメールには骨董市の露天を写した添付写真が。す、すいません、わざわざ気を遣っていただいて。
 
 写真にはStrattonなど数個のコンパクトが写っていたのですが、その中で四角くて表装がギローチェっぽく見えるものに興味が惹かれました。
 ぱっと見がEVANSっぽかったので、「右端の青いの、どんなの?」と返信したところ、EVANSではないようだったのですが、プラスチック製、とのこと。

070429_5 プラスチック製のコンパクトというとちょっと思い当たることがあったので、「裏側、へこんでる?」
 と聞いてみた。「へこんでるよー」おお、やはり。

 実はうちのコレクション中にも、プラスチック製のコンパクトで、フタが本体よりも小さい形のタイプのものに、「裏側の中央がへこんでいる」(つまり内部から見ると、中央が盛り上がっている)ものがあって、不思議に思っていたのです。それがトップの写真のもの。

070429_10 一番初めに手に入ったのが赤い、表装がゴブラン織りのもの。

 プラスチックだし、保管されてるうちに何か圧力とか熱とかが掛かって変形してしまったのかな、シフターも紙枠でチープだし、子どものおもちゃかな、なんて軽く考えていたのですが、次に手に入れた黒いタイプは比較的しっかりした造りの上に、フタの裏側に頬紅が格納されている、金属ミラーの割と古いタイプのもので、でもやはり裏側中央がへこんでいるので、「あれ?もしや、最初からわざとこういう形?」と思っていたところだったのです。

070429_11 そこに、今回買って来てもらった青いコンパクトで確信。
 こ、これは明らかに、最初からお粉入れ部分の中央を盛り上げて作っている!

 赤いゴブランよ、「子どものおもちゃ」などと思ってごめんよ。プラスチック素材のコンパクトって、どうしても軽く見てしまう悪いクセがあるのよー。反省してます。

 さて、この3個の「ヘソの あるコンパクト」、共通点はいずれもアメリカ製である、ということ、フタを被せるタイプの形であること、シフターが残っている2個はいずれも枠が紙製で070429_9あること。メーカー名の刻印などはありません。

 プラスチックは素材が加工しやすいので、以前紹介した「Trio-ette」のように凝った面白い形のものも容易に造ることが出来ます。
 でもどうしてこういう形にしたのでしょう?実際お粉を入れた場合、中央が盛り上がってたら均等にパフに粉がつかないと思うのですが。謎です。

 いつ頃のものなのでしょう。手がかりも資料もほとんどないのですが、赤いコンパクトの鏡の裏側の銀箔がちょっと怪しいことになっていて、そこから推察するに、現代の鏡の「銅引き法」以前の「カゼイン法」で作られている鏡ではないかと思われます。

070429_13_1 簡単に言うと、銅引き法というのはガラスの裏側に銀メッキをした上からさらに銅メッキして強度を増す製造法。

 カゼイン法というのはそれ以前に行われていた鏡製造方式で、銀メッキの上に「カゼイン」という水溶性の糊の一種にいろいろと化合したものを塗って、さらにその上からワニスなどを塗る方式。
 銅引き法の方が耐久性があり、また自動化も容易で大量生産に向いているので、現在はこの方式が一般的で070429_7_1す。

 日本では昭和40年代(1960年代後半)に銅引き法が一般的になりました。欧米ではそれよりも若干早いとしても、 「ヘソのあるコンパクト」の鏡がカゼイン方式であれば、60年代よりも前、と仮定できます。

 アメリカでは40年代にプラスチック素材のコンパクトで有名なものが結構作られているので(「トリオ・エッテ」もこの時代)、40~50年代くらいかなぁ?と推測しているのですが…プラスチック製のコンパクトは20年代には既に作られているので、40年代以前、という可能性もなくはない。プラスチック素材のコンパクトは本当に難しいです。

070429_6_1 まとめますと、この「ヘソのあるコンパクト」は、1960年代以前の一時期にアメリカで作られていた、ということですね。なぜそういう形なのかは理解できませんが…

 知れば知るほど、ヴィンテージコンパクトは奥深いです。

Banner2(ブログランキングに登録しました。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。ご賛同くださる方は、右のバナーのクリックをお願いいたします。)

| |

« 4月21日 やまとプロムナード古民具骨董市 | トップページ | プレゼント企画です »

コメント

いいお友達をお持ちですねー。
わざわざメールしてくれるなんて!
キレイなブルーですね。
プラスチックには思えません。
プラスチックのコンパクトのおへそは、
強度を増すためなんでしょうか?
それとも、粉を取りやすくするため?
だとすると、中央ばかりが減りますよね。
ホントに奥深いですね。
キレイな色だなー。

投稿: himecha-blog | 2007年4月30日 (月) 11時57分

いいお友達でえーっす えへんえへん
(いばっている)
買ったお店のおねえさん、見てくださってるかしら?

真ん中が高いのは、粉入りで売ってたので
粉を節約するため… なんて違うかしら?
違うか。

投稿: 明(ミン) | 2007年5月 8日 (火) 13時47分

コメントのお返事が遅くなってすいません。

> himecha-blogさん

おへその理由はなんだかよく判りませんねぇ。
フラットな方が粉は取りやすいだろうし…
でも調べようがなくて、お手上げです。


> 明さん

いやー、その節はありがとうございました。
Strattonよりもこっちに目が行った自分がちょっと恐かったです(笑)。

投稿: 柏林堂 | 2007年5月13日 (日) 21時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘソのあるコンパクト:

« 4月21日 やまとプロムナード古民具骨董市 | トップページ | プレゼント企画です »