« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

12月28日 スーパージャンクショー

Hi3b0322

 一部のお問い合わせのメールに、年末年始は実家に帰省している、とお返事しましたが、ジャンクショーがあったのを思いだしてちょっと予定変更しました。骨董市に左右される生活って(笑)。

 さてそのスーパージャンクショーです。今年最後の骨董市。元々、ジャンクはコンパクトはあまり出ないので、まあ、遊びに行くような感覚で…と思っていたら、12時過ぎに会場に着いて入場30分で7点もの買い物をしているってどうなの!

Hi3b0317

 その7点はこちらです。なんかこまごましたものばっかりですね。

Hi3b0319 コンパクトは2個。
 楕円形のシルバーの彫金の方は、おそらく日本製。全体的な雰囲気やシフターやパフの感じから、戦前30~40年代のものではないかと思います。
 黒ずみっぷりが銀含有っぽいなと思って銀磨きで磨いてみましたが、コンパクト自体にはホールマークなどの刻印はありません。古物感はありますが未使用品のようです。鏡も曇りがなくて綺麗。楕円の形が手におさまりがよくて、暖かい感じですね。

Hi3b0316 水色の枠のコンパクトは、アメリカ製です。たぶん40年代くらい?もうちょっと古いかな?シフターが金属で、まるで蒸し器の中敷きみたいです。
 このコンパクトとチェーンの付いた練り香水入れは、顔なじみのアメリカ人の店主さんのお店で購入しました。彼女は私を「コンパクト・レディ」と呼ぶ、というのは確か以前書いたと思うのですが、「あなたのために仕入れたのよ、これあなた絶対好きよ!」とか言われたら、買うしかないではありませんか。

 小さなプチポワンのガラスジャーは、フタがいい感じに色あせていて、またガラスの部分がアンバーで、小さくても雰囲気があって可愛いです。何を入れようかなー。

Hi3b0314 小さな小さなギローチェのチャーム2個は、なぜか和物のお店で購入しました。携帯ストラップにしようかなぁ。

 最後のひとつは香水瓶。製造国は不明です。真ん中の絵は、なんかどこでも見かけるフラゴナールの恋人柄。

 入場30分でこれだけのもHi3b0318のを買ってしまったので、後の3時間は思う存分見て回りました。ジャンクは、ホントに見てまわるだけで楽しいので大好きです。

 全体的な印象としては、なんか全般的にお値段が安めというか、下がってる?と思ったのですが、よくよく考えたら行ったのが二日目最終日だったので、お店の方が売り尽くし状態に入っていたのかもしれません。
 実際、「ひとりで参加なので、なるべく荷物減らしたいんです!」と断言しているお店もあって、笑ってしまいました。

 私のように、趣味がピンポイントであまり他にかぶる人がいないものがお目当ての方の場合は、最終日に行った方がいいかもしれませんね。逆に、「ファンが多いけど、見逃したくない!」という趣味の方は、早め来場がいいのかなぁ。
Hi3b0321 でも出会いは結局「ご縁」ですよね。

 なお、今回もうひとつ購入したものがあって、それが冒頭の一人用ほうろう鍋。なぜかユーゴスラビア製。この赤い色とちんまりしたサイズに一目ぼれ。
 この冬はこれにお豆腐、白菜、白身魚なんかを水炊きして、赤いオールドパイレックスのお椀でいただくつもりです♪

 さて、本年はこれで更新最後です。
 今年は途中でしばらくお休みが入ったりして、本当に「不定期更新」になってしまいました。
 来年は、ショップのオープンも含めて、アクティブに行きたいと思いますので、みなさまどうぞよろしくお願い申し上げます。

 どうぞ良いお年をお迎えください。

Banner2 にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
(ブログランキングに登録しました。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。ご賛同くださる方は、右のバナーのクリックをお願いいたします。)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »