« スタイリッシュなキャリアウーマン | トップページ | 春咲きキャリーオール »

2009年3月29日 (日)

「メッシュポーチ mesh pouch」コンパクト

Hi3b0422

 ちいさな金属片をつないで布状にしたもので作られた小物、たとえばお財布やパーティバッグなど、骨董市でも時々見掛けます。細かい金属のキラキラ感がゴージャスですね。

Hi3b0419 トップ写真のごとく我が家にもいくつかありますが、コンパクトとしては、以前、その金属片布(というべきか)を使った エバンスEvans のコンパクト「コンパース com-purse」をご紹介しました。

 で、今日はその「コンパース」の、「パース(財布)」がないものを。…って、コンパースの「パース」がなかったらただのコン(パクト)じゃん!

 …という突っ込みはごもっともでございます。

 いえまあ、まさにそうなんですが、お粉入れの部分が金属片布で覆われている、ということなんです。それも、ケースがぴちっと覆われているわけじゃなくて、多少ルーズにたわんだ状態になっているのが可愛いんです。

Hi3b0420_2Hi3b0418_2

 ふたの表装は、黒いベークライト(硬化プラスチック)の上に白いプラスチックで女性の横顔がカメオ風にくっついています。

Hi3b0421 鏡はグラスミラー。粉入れの内側部分は、布に粉が漏れないように不浸透性のコーティングがされた加工布で出来ています。コーティングされた布は、ちょっとぱりぱりした手触りでまるで紙製のような感触。そしてその外側を金属片布がゆるりと覆っています。
 シフターは、メッシュの丸い布が枠なしでそのまま入っています。

 同じような作りのメッシュポーチ・コンパクトは、エバンスでも作られていて、手持ちのコレクション本の中でも紹介されています。
 でもこのシルバーのメッシュポーチはたぶんエバンス製Hi3b0423ではないですね。メーカーマークはありませんが、エバンスのものより留め具の部分など、造りがちょっとチープな感じです。後追い商品でしょうか。

 エバンスのメッシュポーチは1937年のもの、となっているのでこのシルバーもおそらくそのあたり、30年代後半のアメリカ製です。

 実は同じ造りのメッシュポーチ・コンパクトをもうひとつ持っているんですが、お粉入れの部分が布製なので壊れ(切れ)やすいのでしょう、粉入れが抜けた状態になっています。まあ、そのおかげで造りが判ったので資料として役立っているんですけどね。


Banner2
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
(ブログランキングに登録しています。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。
ご賛同くださる方は、バナーのクリックをお願いいたします。)

|

« スタイリッシュなキャリアウーマン | トップページ | 春咲きキャリーオール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「メッシュポーチ mesh pouch」コンパクト:

« スタイリッシュなキャリアウーマン | トップページ | 春咲きキャリーオール »