« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

ジャパニーズ・ビューティ

Hi3b0553

 

…このタイトルの流れで来ると思ったでしょ?はい、その通り。

 

でも今日のコンパクトは「これ、前にご紹介したっけ?」ではなくて、「これ、まだご紹介してないわ」とちゃんと覚えてました!って、自慢になりません。

 

Hi3b05462日本のものでは特に大好きな、NACON ナコンのコンパクトです。実は、骨董市仲間(という仲間が私にはおります・笑)のひとりが、私にプレゼントしてくださったものです。

 

金彩の孔雀の柄は、これたぶん、ハンドペイントです。
細ーい毛筆で羽の流れ1本1本が描き込まれています。羽の中にある小さい丸いきらきらは、おそらくマザーオブパールを小さく丸く切って着色したもの。内側の3重は赤い着色、外側の2重は青緑っぽい着色になっています。恐ろしく手が込んでいますね。
孔雀の体と羽のバランスがなんとなく歪んでいるのがハンドペイント的味わい。

 

おそらく70年代のものでしょう。固形ファンデーションのレフィルを抑える金輪の枠が残っていますが、その他にシフターも付いていて固形・お粉両用だったはずです。同じタイプのコンパクトを他にも持っているので…

 

Hi3b0552現在、我が家にあるナコンのコンパクトは4個。…確か4個だったはず(笑)。

 

前に、KIGU OF LONDONの記事の中で「一時期NACONが輸入代理店をしていた」と書きましたが、ナコン自身もオリジナルのおしゃれ雑貨を製造販売していました。

 

コンパクトに付属の「保証書」には、

 

「弊社製品ラインアップには、コンパクト、香水スプレー、マジックハンガー、リップミラー、シガレットケース、バッグその他舶来小物を多数取り揃えてございます。」

 

とあります。「シャレックス」というシリーズ名がついていて、

 

「シャレックスとはおしゃれ用品の新しいよび名です。」

 

と書いてあるんですが、たぶん、定着させようとして定着しなかった「新しいよび名」ですね。なんというか、そういう「独自路線」を打ち立てようという意欲が、凄くあったメーカーなんだろうな、と思います。

 

株式会社ナコンの、当時の住所は「台東区柳橋2-20-13」。
はい、ここです。…また来たよストリートビュー(画像が表示されない場合は、「大きな地図で見る」をクリックして別画面でご覧くださいね)。

 

 

大きな地図で見る

 

残念ながら、もう違う会社名ですね。
「株式会社ナコン」で調べたところ、山形県に同名のプラスチック加工業の会社が存在するようですが…

 

孔雀のコンパクトは、蝶番の鏡側に、メーカー名が「TOKYO NACON JAPAN」と刻印されています。
Hi3b0547この刻印にも2種類あって、単に「NACON」のものと、「TOKYO NACON JAPAN」と書かれているのとあるのですが、なんとなく、「NACON」だけのものの方が古い、ような気がします。「TOKYO JAPAN」と表記するのは輸出を意識したものだと思うので、なんとなくKIGUの輸入代理店展開の影響なんじゃないかな、と。

 

あ、でもこれはあくまでそんな「気がする」だけです。

 

以前、やはりあくまで私自身の「私見」として「~だと思います」と書いたところ、その記事を引用?する形で他のサイトさんに「~です」と断定して書かれてしまったことがあるので、驚くと同時に「ヤバい、迂闊なことは書けない」とうろたえました。こうして曖昧な情報が広がってしまうのかな、と思って。

 

「そんな気がする」で書いている部分もありますので~。「~と、思う」というのはあくまで私見ですからねー。いや、それもどうなんだ、自分よ(笑)。

 

最近体調が悪かったせいでしばらく骨董市に行ってないので、来月の骨董ジャンボリーは絶対行きたいなーと思っています。骨董市で久しぶりに日本のコンパクトたくさん見て回りたいです。

 

 


 

 

 




Banner2
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
(ブログランキングに登録しています。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。
ご賛同くださる方は、バナーのクリックをお願いいたします。)

| | | トラックバック (1)

2009年6月22日 (月)

イングリッシュ・ビューティ

Hi3b0544

 

「このコンパクト、ブログでご紹介しましたっけ?」シリーズ第二弾。…って、またシリーズですか。
Hi3b0540左側の検索窓からKIGUで検索してみたんですが、ずいぶん前から所持している割には、 たぶんまだご紹介してないかな。タイミング逃すと意外とブログに載せ損なっちゃうことが、多々あるんですよ。

 

イギリス、KIGU of London キグ・オブ・ロンドン製のコンパクトです。KIGU of London については、過去記事「背伸びした少女」「KIGU of LONDON」をご覧くださいね。

 

ずっと前に「欧米のコンパクトで花柄といったら圧倒的に薔薇が多い」という趣旨の記事を書きましたが、Hi3b0542

 

  Roses are red,
  Violets are blue,
  Sugar is sweet
  And so are you.

 

とマザーグースにも謡われる「花の双璧(一対の宝玉、の意味)」、スミレの花束の表装です。華やかで派手な薔薇に対して、菫は清純で慎ましやかな印象がありますよね。

 

内ブタの中央にKIGUのトレードマーク、蝶番のところに「MADE IN KIGU ENGLAND」とあります。直径7.5センチの、割に大ぶりのコンパクト。シフター付きの未使用品です。

 

Hi3b0543面白いと思ったのは、内側のお粉入れの部分とフタの裏側が、コーティングされていること。粉状のものは湿気を吸いやすいので、コーティングされていると水分による金属の劣化や酸化(ようするに錆び)が防げていいですね。おそらく、70年代の(KIGUにおける)最晩年の頃のものだと思われます。

 

前にも書きましたが、ゴージャスでいい意味でたくましいアメリカ製のコンパクトに比べて、イギリス製はやはり繊細で可憐。そう、まるで菫の花のように。

 

 


 

 

 




Banner2
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
(ブログランキングに登録しています。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。
ご賛同くださる方は、バナーのクリックをお願いいたします。)

| | | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

アメリカン・ビューティ

Hi3b0528

我が家、現在コンパクトの数が居住空間の限界を超えております。ひとつひとつは小さなコンパクトですが、何百もあればそれは場所を取り、しかも重い。数があるとメンテも行きとどかなくなりがちですし、これは本当になんとかしなくては。

Hi3b0525ところで、トップ写真の2個の Elgin American エルジンのコンパクト、もうブログでご紹介しましたっけ?き、記憶が…

サイト内で検索してみたところ Elgin の記事は「ELGIN AMERICAN エルジン」と「とうとうアレに手を出してしまいました…」と「Elgin のハマグリ」かしら。あらー。まだご紹介してなかったみたいですね。

台形のコンパクトは麦の穂の模様が彫られています。写真で見るとそうでもないけど存在感が凄いというか、大きく感じます。実際使ってたらきっと注目の的だと思います。
ちょっと赤味がかったゴールドで、同じ台形のパフも残ってます。

Hi3b0524四角い方は、華やかな花柄の表装です。これ、可愛いねー。
パフは残っていません。それと、 Elgin のコンパクトはシフターなしの内ぶた付きで、内部の周囲にネル生地のようなもこもこの不織布がぐるりと張ってあって粉漏れを防いでいるのですが、そのネルのもこもこが外されています。
たぶん、メンテする段階でこのもこもこからいつまでも粉が出て来るので外されちゃったんだと思います。その気持ちはよく判る!でもこれがないと使いづらいよねぇ。

いつも思うんですが、コレクターにも2種類いて、「集める」ことが目的の人と、「使う」ことが第一の人。私は元々「使う」人なので、使えなくなるメンテHi3b0526_2には反対。

コンパクトはあくまで日用品であって美術品ではないので、使ってあげる方がコンパクトだって嬉しいと思うのよ。…そ、そりゃ、250個を一生の間に使いきるのはたぶん不可能だけど(笑)。

同じようなゴールドトーンのコンパクトですが、それぞれ微妙に色合いが違うんですよ。
台形は赤味が強く、はまぐりは黄味が強いゴールド。花柄は薄めのライトゴールドって感じです。
いずれも40~50年代のもの。ゴールドトーンは華やかでいいですね。

Hi3b0530


Banner2
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
(ブログランキングに登録しています。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。
ご賛同くださる方は、バナーのクリックをお願いいたします。)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

身元不明のコンパクト その2

Hi3b0516

「アメリカ製ということ以外、何も判りません」シリーズ第二弾。…どんなシリーズですか。

Hi3b0519全盛期にはいかにお粉入れがたくさん流通していたか、ということでもあるのでしょうが、有名無名問わずあらゆる小物系の企業が造っていたのでしょうね、パウダーコンパクトケースを。

この3個は、そんなに凝った造りではなくて本当にケースに鏡を付けました、的なシンプルさで、3個とも未使用品です。

この中では、青い小さなコンパクトがちょっと面白いですね。群青色に金がおしゃれで上品です。
ころんとした、手の中に収Hi3b0520まるサイズが可愛い。このくらいのサイズだと、ピルケースにしてもいいかもしれません。あるいは、現行で売っているアイシャドウのレフィルなどを入れておくのもいいかも。

話は違うのですが、私は膠原病で、正直言ってここのところ体調があまりよくありません。それで、更新などもますます不定期になってしまう場合が、今後もしかしたらあるかもしれませんが、なにとぞご了承ください。というか、のんびり長ーい目で見ておいていただければ幸いです。毎度すいません。Hi3b0518


Banner2
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
(ブログランキングに登録しています。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。
ご賛同くださる方は、バナーのクリックをお願いいたします。)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »