« 身元不明のコンパクト その2 | トップページ | イングリッシュ・ビューティ »

2009年6月14日 (日)

アメリカン・ビューティ

Hi3b0528

我が家、現在コンパクトの数が居住空間の限界を超えております。ひとつひとつは小さなコンパクトですが、何百もあればそれは場所を取り、しかも重い。数があるとメンテも行きとどかなくなりがちですし、これは本当になんとかしなくては。

Hi3b0525ところで、トップ写真の2個の Elgin American エルジンのコンパクト、もうブログでご紹介しましたっけ?き、記憶が…

サイト内で検索してみたところ Elgin の記事は「ELGIN AMERICAN エルジン」と「とうとうアレに手を出してしまいました…」と「Elgin のハマグリ」かしら。あらー。まだご紹介してなかったみたいですね。

台形のコンパクトは麦の穂の模様が彫られています。写真で見るとそうでもないけど存在感が凄いというか、大きく感じます。実際使ってたらきっと注目の的だと思います。
ちょっと赤味がかったゴールドで、同じ台形のパフも残ってます。

Hi3b0524四角い方は、華やかな花柄の表装です。これ、可愛いねー。
パフは残っていません。それと、 Elgin のコンパクトはシフターなしの内ぶた付きで、内部の周囲にネル生地のようなもこもこの不織布がぐるりと張ってあって粉漏れを防いでいるのですが、そのネルのもこもこが外されています。
たぶん、メンテする段階でこのもこもこからいつまでも粉が出て来るので外されちゃったんだと思います。その気持ちはよく判る!でもこれがないと使いづらいよねぇ。

いつも思うんですが、コレクターにも2種類いて、「集める」ことが目的の人と、「使う」ことが第一の人。私は元々「使う」人なので、使えなくなるメンテHi3b0526_2には反対。

コンパクトはあくまで日用品であって美術品ではないので、使ってあげる方がコンパクトだって嬉しいと思うのよ。…そ、そりゃ、250個を一生の間に使いきるのはたぶん不可能だけど(笑)。

同じようなゴールドトーンのコンパクトですが、それぞれ微妙に色合いが違うんですよ。
台形は赤味が強く、はまぐりは黄味が強いゴールド。花柄は薄めのライトゴールドって感じです。
いずれも40~50年代のもの。ゴールドトーンは華やかでいいですね。

Hi3b0530


Banner2
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
(ブログランキングに登録しています。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。
ご賛同くださる方は、バナーのクリックをお願いいたします。)

| |

« 身元不明のコンパクト その2 | トップページ | イングリッシュ・ビューティ »

コメント

うわー、かわいいww
ゴールド一色なのに、華やかで素敵w

投稿: とく | 2009年6月16日 (火) 18時23分

素敵でしょー。
シンプルで華麗で上品で可愛い。

なんつーか、「コンパクトの基本」に立ち返っている気がします♪

投稿: 柏林堂 | 2009年6月17日 (水) 01時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・ビューティ:

« 身元不明のコンパクト その2 | トップページ | イングリッシュ・ビューティ »