« アメリカン・ビューティ | トップページ | ジャパニーズ・ビューティ »

2009年6月22日 (月)

イングリッシュ・ビューティ

Hi3b0544

 

「このコンパクト、ブログでご紹介しましたっけ?」シリーズ第二弾。…って、またシリーズですか。
Hi3b0540左側の検索窓からKIGUで検索してみたんですが、ずいぶん前から所持している割には、 たぶんまだご紹介してないかな。タイミング逃すと意外とブログに載せ損なっちゃうことが、多々あるんですよ。

 

イギリス、KIGU of London キグ・オブ・ロンドン製のコンパクトです。KIGU of London については、過去記事「背伸びした少女」「KIGU of LONDON」をご覧くださいね。

 

ずっと前に「欧米のコンパクトで花柄といったら圧倒的に薔薇が多い」という趣旨の記事を書きましたが、Hi3b0542

 

  Roses are red,
  Violets are blue,
  Sugar is sweet
  And so are you.

 

とマザーグースにも謡われる「花の双璧(一対の宝玉、の意味)」、スミレの花束の表装です。華やかで派手な薔薇に対して、菫は清純で慎ましやかな印象がありますよね。

 

内ブタの中央にKIGUのトレードマーク、蝶番のところに「MADE IN KIGU ENGLAND」とあります。直径7.5センチの、割に大ぶりのコンパクト。シフター付きの未使用品です。

 

Hi3b0543面白いと思ったのは、内側のお粉入れの部分とフタの裏側が、コーティングされていること。粉状のものは湿気を吸いやすいので、コーティングされていると水分による金属の劣化や酸化(ようするに錆び)が防げていいですね。おそらく、70年代の(KIGUにおける)最晩年の頃のものだと思われます。

 

前にも書きましたが、ゴージャスでいい意味でたくましいアメリカ製のコンパクトに比べて、イギリス製はやはり繊細で可憐。そう、まるで菫の花のように。

 

 


 

 

 




Banner2
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
(ブログランキングに登録しています。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。
ご賛同くださる方は、バナーのクリックをお願いいたします。)

| |

« アメリカン・ビューティ | トップページ | ジャパニーズ・ビューティ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イングリッシュ・ビューティ:

« アメリカン・ビューティ | トップページ | ジャパニーズ・ビューティ »