« 7月19日 骨董ジャンボリー | トップページ

2009年10月12日 (月)

9月29日 骨董アンティークフェア in 横浜アリーナ

Hi3b0592

ちょっとアップが遅くなってしまいましたが、先月の末、病院に行くついでに久しぶりに骨董市に行って来ました!

更新も久しぶりになってしまってます、申し訳ございません。
なかなか骨董市に遊びに行けなくて、新しいネタを仕入れることが出来なくて…今週末、やまと骨董市に行けるといいなぁ…

Hi3b0585さて、平日の骨董市である骨董アンティークフェアには今回初めて行きました。フルタイム仕事持ちだとなかなか行けないんですよねー、場所は比較的自宅から近いんですけど。場所だけは。

ざっと見て回った感じ、和洋のバランスが良くていい感じ。お客さんの年齢層は高め(笑)。
途中で、弦楽四重奏のミニコンサートがあったり、休息所が用意してあったり、ゆったりとしたいいイベントでした。でも会場内はちょっと暑かったかな。

私の目当てであるコンパクトはあまり出ていませんでした。
あっても、80年代のKIGU of London に1万円以上はちょっと付け過ぎ。

会場にも1時間ちょっとしかいなかったのですが(すいません、すぐ疲れちゃうんです)、1個だけ面白いものを購入しました。

Hi3b0595アメリカ・Wadsworth ワーズワースの彫金のコンパクト。ぱっと見、Elgin っぽかったのでエルジンかな?と思って手に取ったら私はまだ持っていないWadsworth ♪50~60年代くらいのものでしょうね。

いえ、面白かったのは本体ではなくて、実は箱の方。
トップの写真の箱と、中身でセットで置いてあったのですが、どう見ても、誰が見ても、これは箱と中身が違ってるじゃあありませんか!(笑)

お店の方に、「箱と中身のメーカー、違いますね…」と言ったところ、店主さんは「え、そう?そのセットで仕入れたんだよ」と慌ててました。
いえ、別にいいんですけど。というか、コンパクト本体よりも、むしろこの箱の方に興味津々。

Hi3b0593これ、VOLUPTE ヴォルプテの「Swing lok」の箱じゃないですか!
Swing lok って、私はまだ持ってないんですけど、留め金がちょっと変わってて、フタを横切るバーが張ってあって、それでフタを押さえるようにパチンと留める仕組みなんですよ。

ああ、文章で説明するのが難しいな。
えっと、イメージとしては、遊園地の絶叫マシンに乗ると、体を押さえるためのバーが胸の前に降りてくるじゃないですか。あのバーが、フタに付いていると思ってください。…って、ますます判らない説明だ(笑)。すいません、そのうち現物を手に入れます!

この箱とコンパクトで3500円だったのですが、私が箱が違うと指摘したせいか?2500円にオマケしてくださいました。いや、そんなつもりで言ったんじゃないんですがー。

むしろこの箱だけに2500円払ってもいいな、私は。…って、「箱」の方に価値を見出すようになったらコレクターも末期なんじゃないでしょーか、と自分で突っ込んでみる。

いやあ、いい箱を手に入れた!…だから、コンパクトの説明しましょうよ、私。

 


 

 

Banner2
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
(ブログランキングに登録しています。日本ではまだ数少ない同好の方が訪れてくださるきっかけになればと思います。
ご賛同くださる方は、バナーのクリックをお願いいたします。)

| |

« 7月19日 骨董ジャンボリー | トップページ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月29日 骨董アンティークフェア in 横浜アリーナ:

« 7月19日 骨董ジャンボリー | トップページ